サテライトサイトの目的と効果

サイト運営をするとき、本サイト以外にもサテライトサイトの運営が行われることもあります。
これにより、本サイトの運営状況が改善でき、以前よりも高い収益を得られた方などもおられますね。
このサテライトサイトとは何か、その目的や効果についてご紹介していきましょう。

▼ 目次

本サイトのアクセス増加が可能?

サテライトサイトとは衛星サイトという意味になります。
衛星とは惑星の周りにある小さい星のことですね。
そのように呼ばれるのは、本サイトに関係する新しいサブサイトとして、これを立ち上げるためです。
まったく別のサイトとして運営はしますが、衛星サイトから本サイトへリンクも張るため、まったく無関係に存在するわけでもありません。
ちょうど惑星の周りにある衛星のようなサイトということで、サテライトサイトと呼ばれます。

これを作る目的は、本サイトのアクセス増加のためです。
本サイトのSEO対策を強化したり、衛星サイト経由で新しいアクセスルートを作ったりして、本サイトのアクセス増加を目指します。
この目的を達成できる仕組みとして、わかりやすいのは新しいアクセスルートの開設ですね。
サテライトサイトは基本的に本サイトへのリンクを張りますから、この衛星サイトにアクセスしたユーザーが、本サイトまでアクセスすることもあるのです。
検索エンジンから直接アクセスする以外にもアクセスルートができるため、本サイトのアクセスアップが見込めます。

SEO対策になるのはなぜ?

これはともかく、サテライトサイトを作ると、本サイトのSEO対策になるのはなぜでしょうか?
これもやはりポイントは同じで、衛星サイトから本サイトへ張ったリンクのおかげです。
他のサイトから受けているリンクの数は、そのサイトの評価を決めるポイントになっています。
自分の本サイトが上位表示されるには、できれば他のサイトからたくさんのリンクを張られた方が有利なのですが、衛星サイトを作るとここを自分で解決できるわけですね。
衛星サイトからリンクを張ることで、本サイトが受けているリンクの数が増え、サイトの評価が上がって上位表示されやすくなるという仕組みです。
これを目的に衛星サイトを作り、リンクを張る方も多いです。

このようなサテライトサイトによる対策を知ると、かなり興味が出た方も多いのではないでしょうか?
ほかに小さい衛星サイトを作り、そこから本サイトへリンクを張るだけなら、すぐにできそうですよね。
ただ、これの効果をきちんと出すには、方法にいくつか注意点があります。
これをきちんと押さえないと、一応は衛星サイトを完成させ、本サイトへのリンクも張ったものの、アクセスも表示順位もほとんど変わらなかったということも起こります。

衛星サイトの品質が非常に重要です

効果的なサテライトサイトの作り方として、最優先で確認したいのは、衛星サイトの品質が非常に重視されること。
この品質が高くない場合、せっかく作った衛星サイトからのリンクも、あまり効果がないことが多いです。
どういうことかというと、そのサイトが受けているリンクは確かに検索エンジンからチェックされ、サイトの評価に使われるのですが、そのリンク元になっているサイトの品質も最近は評価対象に加わっているのです。
あまり品質が高くないサイトからのリンクはあまり評価されず、リンクを受けているサイトの表示順が高くなることも、あまりなくなっています。

そしてリンクを張るために作った衛星サイトの品質が低いと、そのサイトに訪れるユーザーも少なくなりますし、訪れたユーザーもすぐに離脱しがちです。
衛星サイトに張ったリンクから本サイトへ流れるアクセスもあまり期待できず、結局その衛星サイトのおかげで本サイトのアクセスが増えることもほとんどなくなります。

このようなわけで、サテライトサイトから張ったリンクの効果を活かし、本サイトのアクセスを増やすには、衛星サイトの品質を高めることが大事です。
この点は特によく確認しておいてください。
サイトの管理者からすると、衛星サイトはただのサブサイトだとわかっているため、本サイトほどその品質を重視しないことも多いためです。
それだとせっかく作ったサテライトサイトの効果も薄くなりますから、品質への意識は忘れないようにしてください。

なお、サイトの品質とは、そのサイトをユーザーがどれだけ必要とするかです。
そのサイトのコンテンツを見るためにユーザーが積極的にアクセスしてくる状態なら、品質が高いと判断されます。
品質が低いとされるサイトは、ユーザーからのアクセスがほとんどなく、滞在時間も短いものを指します。
サテライトサイトも、なるべく多くのユーザーから選ばれるように作ってくださいね。

また、そのほかの工夫として、ドメインやサーバなどを本サイトと同じにしないことも大事です。
サテライトサイトは、第三者が運用する外部サイトとして運用できた方が効果的です。
ドメインやサーバを本サイトと同じように運用すると、同じ管理者による同一サイトと見なされ、サテライトサイトの効果が薄くなる恐れがあります。
本サイトのアクセス増加を目的にするこの方法を試すときは、ご紹介した注意点はよく確認して行ってください。