効果的なサテライトサイトのためのサーバ

自分で新しく作ったサテライトサイトの効果で、本サイトの順位をきちんと上げたいなら、サーバの設定で知っておきたいことがあります。
できればこれを分散できた方が安心です。
サーバとはそのサイトの情報を、インターネット上に保存しておく場所のことですよね。
本サイトをすでに作った方は、そちらのサイトの情報を保存しているサーバを用意したと思います。
物理的なインフラとしてサーバを自分で用意しなくても、最近はレンタルサーバもありますから、それらサービスを利用することで、本サイトを作った方も多いでしょう。

サテライトサイトを作るとき、本サイトを作ったときに使ったサーバを、同じように利用することを考えるかもしれません。
その方がやり方や使い勝手もわかっていますから、その方が合理的とはいえるのですが、サテライトサイトの効果を考えると、これはあまりおすすめされない方法です。

サテライトサイトを運用するとき、自作自演だと思われるのはできるだけ避けたいのです。
その関係で本サイトで使ったサーバを、サテライトサイトにもそのまま使うのはあまりおすすめではありません。
サーバにはIPアドレスという情報があります。
サーバがまったく同じだと、このIPアドレスの情報がまったく同じか、非常に近いため、本サイトとサテライトサイトの運営者が同じ、つまりは自作自演ではないかと思われる恐れがあるのです。

それが100%悪いわけではありませんが、SEO対策を過度に優先した自作自演に近い施策は、あまり高く評価されないのが現在の状況です。
そのため自作自演と思われる恐れの強い施策は、できるだけ避けるのが基本です。
その意味で、本サイトに使ったサーバをそのまま流用するのは、あまりおすすめではありません。
できればまったく別のサーバを利用して、サテライトサイトは運用してください。

とはいえ、サーバを新しく用意するのは手間も費用もかかります。
特に複数のサテライトサイトを運用するなら、そのすべてで新しいサーバを用意するのは負担も大きいですよね。
なるべくこれを分散しつつ、最低限の分散に留めたいなら、覚えておきたいのはクラスC以上の分散です。

サーバの情報を示すIPアドレスには、A〜Dまでの4つのクラスがあります。
このクラスのうち、A〜Cまでの情報が同じだと、検索エンジンは同じサーバだと判断するといわれています。
ですから最低限のサーバの分散に留めたいなら、A〜Cまでの情報が変わるサーバを選べばOKとなるのです。
サテライトサイトの効果を高めたいときは、このサーバの分散も要チェックですよ。